悪ガキのハートは砕けない >

悪ガキのハートは砕けない

例えば、地球のことを知らないエイリアンに「ドクター」のことを説明するとしたら、どんなふうに言う?「カレ」の性質とか、いや、まずこの世界のことから説明するかもしれないね。
写真

具合悪そうに歌う母さんと季節はずれの雪

海の近くに私たち家族は、暮らしているので、地震津波を親族が不安に思っている。
特に3月の大震災後は、海からどれくらい離れているのかとか逃げるルートは身の回りに存在するのかとか質問する。
私たち家族も安心できないのだけれど、容易に引っ越し先も見つかるわけではない。
だけど、ホントに津波がやってくるとなってしまった折に逃げるコースを確定していないといけないと思う、だけれども、しかし、堤防近くしか高台へ行く道路がないので、今更ながら、考えたら怖いと思えた。

目を閉じて叫ぶ先生と濡れたTシャツ
案外縫物の為の生地は安い物がない。
わが子が幼稚園に行きだすので、本入れやボール入れが園から指示された持ち物だが、なんだか布が少しでも値段がした。
中でも、キャラクターものの生地なんて、すごく金額がいった。
あんまり種類も無いのにキャラクターものの仕立てるために必要な布がものすごく高い。
必要なサイズの布製の袋をどこかで購入するのが早いし、面倒が無いだけれども、しかし、田舎なので、園に持って行っている人は皆、手作りだし、近くに売っていない。

湿気の多い平日の夜に昔を懐かしむ

見物するために坂道でもたんまり距離を歩く動物園は、7月はたいそう蒸し暑くてきつい。
友達の家族と自分と妻と子供ともども共に見に出向いたが、非常に暑すぎてつらかった。
非常に暑すぎるので、キリンもトラも他の動物もあまり動いていないし、奥の物影に隠れていたりで、さほど見えなかった。
次回は、水族館などが蒸し暑い夏はいいかもしれない。
子供が小学生になったら夜間の動物園や水族館も愉快だろう。

一生懸命吠えるあいつと私
昔は面倒だと思っていたけれど、運動もある程度でもやらなくてはと今日この頃考える。
会社が違くなったからか、最近、体力仕事がものすごく少なくなり、体脂肪がとっても上がった。
それと、年齢もあるかもしれないけれど、腹に脂肪がついてきて、ものすごく見苦しい。
ほんの少しでも、走らないとだめだ。

笑顔で吠える子供とオレ

ネットでニュースをいつも眺めるけど、紙の媒体を見るのも好きだった。
現在は、費用がかからないで閲覧できるネットニュースがたくさんあるから、新聞、雑誌はもったいなくて購入しなくなってしまった。
けれど、小さなころから読んでいたからか、新聞のほうが短い時間でたくさんの量の内容を手に入れることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関わりのあるニュースをおっていくことが出来るので、濃いところまで調べやすい点はある。
一般的なニュースから関連した深いところを見つけていきやすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は目立ちにくいぐらい小さくてものせているから目につくけれど、インターネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、アメリカ合衆国のデフォルトになってしまうかもという話が目につく。
なるわけないと思うけれど、仮にそうなったら、どの国もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

じめじめした祝日の午後に散歩を
私の誕生日、親友から貰った香水があり、強いフローラルの匂いがする。
ぴったりの香水を意識してチョイスしてくれた物で、ちっちゃい瓶で飾りがついていて可愛い。
雰囲気も香水ボトルもどんなに大きくいっても派手とは言い難いものだ。
店には多くの香水が置いてあったが、ひっそりと置いてあったもの。
サイズはほんとにちっちゃい。
持ち運びやすく気に入っている。
外に出る時だけでなく、仕事のときもカバンに、家での仕事のときも机に必ず置いている。
なので、カバンは、同じ匂い。
だいたいいつでもつけているため、そうでないときは周りに「今日あの香りしないね」と気づかれる場合もたまにある。
香水ストアにてたくさんの香りを試してみるのは好きなことだけど、この匂いが今までで一番気に入ったものだ。

悲しそうに跳ねる先生と濡れたTシャツ

ある夏の昼前。
少年は外で、蟻の行列が死んだ虫を運んでいるところを観察していた。
アリ達は一生懸命働いているのだが、虫の死体ひとつでこんなにいっぱいの蟻がいたって、意味が無いんじゃないのかと、少年はいぶかしんだ。
少年は、アリ達が運んでいる虫の死骸を指ではじいたらどうなるかな、という好奇心に駆られた。
だが、今日はだまって観察し続けることにした。
暑い夏の日だから、少年の汗が顔中からあふれ、とめどなくアリの行列のそばに落ちた。

悲しそうに話す家族と冷たい雨
また、麻衣子と明日香とツアーに行ってきました。
この2人は、私の大学の同級生で、同じ時間を共有した仲です。
しかも、学んでいたのが旅行関係と英検なので、観光地巡りが、趣味だという生徒たちであふれていました。
その中でも、麻衣子と明日香を含む仲のいい6人で色々なところへ宿泊した思い出は懐かしい。
私はもともとそんなに友人が多くないし、それでそれで良いと思っています。
という事で、単純に嬉しい言葉だけど、すぐ横で麻衣子が満足そうな顔をしていたのも私のツボでした。

どんよりした大安の昼は冷酒を

エクセルシオールでもその他カフェでもさまざまな場所でコーヒーを飲むことができる。
他にも、家でインスタントを入れても楽しめるし、いろんな場所で缶コーヒーでも。
私が好きなのがスタバだ。
全店禁煙と言うのは、煙の嫌いな私にはありがたい。
よって、コーヒーの香りをより良く味わうことができる。
金額も張るけど、上質の豆が使用されているのでコーヒーにうるさい人にはたまらないだろう。
甘いもの好きには入店の度にコーヒーとともに、つられてスイーツなど頼んでしまうという落とし穴もある。

汗をたらしてダンスする姉妹と読みかけの本
喜んでもらえるプレゼントを決定しなくてはと考えている。
結婚記念日がすぐで、家内に喜ばれる贈り物をあげたいのにとても良いおくりものが思いつかない。
嫁に何か欲しい物があれば、話は早いが、たいして、物欲が存在しないので、気に入りそうなものが考え付かない。
ですが、秘密でなんか見つけてサプライズをしたい。

サイト内カテゴリ

Copyright (c) 2015 悪ガキのハートは砕けない All rights reserved.
▲ページの先頭へ