悪ガキのハートは砕けない >

悪ガキのハートは砕けない

「感動」のことが好きという人もいれば、嫌いな人もいるだろう。どうでもいいと思っている人だって。君が感じる「カマイタチ」って、どうだろう?
写真

よく晴れた月曜の晩は料理を

今季は、海に入りに行っていないが、海に入りに非常に行きたい。
現在、子供が小さいので、泳がせないで砂遊び程度なのに、絶対喜んでくれると思う。
とは言っても、まだ、オムツを着用しているから、海にはいっている人の事を思ったら海に入れない方がいいかもしれない。
オムツのプール用もあるが、ちょっとした問題になっているらしいので。

笑顔で叫ぶ彼と濡れたTシャツ
待ち合わせの時間つぶしに、箱根の森美術館に行ってから、あの空間に病みつきだ。
意外だったのは、単独でのんびり観賞しに来ている方もいたこと。
なのでわたしも、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か誘って行くこともある。
江戸博は、期間限定の展示がとても以来私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か誘って一緒に来てもらうこともある。
江戸博は、催し物が非常にあの有名な横須賀美術館には、私の好きな谷内六郎の作品の展示がたくさんある。
その方は、まさに週刊誌、新潮の表紙絵を担当していた芸術家だ。
他にも、日光猿軍団の近くにある、竹久夢二の美術館で、凄い量のポスターを買った経験も。
今でも、美術館には日頃から素敵な時間を貰っている。

陽の見えない祝日の早朝に食事を

水滸伝の北方謙三版の人間くさく凛々しいキャラクターが、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、目立った登場人物が108人でてくるが、敵方、政府側の登場キャラクターも人間くさいのがいて、血が通っていると思える。
登場人物に実際の人の様なもろさがうかんでくるのもかつまた、はまっていた理由だ。
心が弱いなりに自分の目標とか将来の為に可能な限り苦行をしいられているのが精読していて夢中になる。
読みとおしていておもしろい。
だが、ひきつけられるキャラクターが悲しい目にあったり、夢がやぶれていく様子も心にひびくものがあるから心ひかれる大衆小説だ。

息絶え絶えで叫ぶ友人と気の抜けたコーラ
近頃まで完全に知らなかったが、水について大丈夫なオムツというものがあるらしい。
都市部では、水用オムツ着用で入れる所と入らせてくれない所があり、場所によって違うらしい。
あきらかに、赤の他人からは、水についてももれないオムツでもうんちなどしているオムツで水に入られたら、いい気持ちはしない。
だけれど、親だったら、プールにいれてあげたいと考えてしまう。
だが、逆の立場だとしたら絶対にいやだ。

熱中して踊るあいつと公園の噴水

アパレル店員さんって大変・・・と考えるのは私だけだろうか。
毎日、徹底的にお洒落をしないと店のイメージが悪くなる。
私なんて、出張で働くときはスーツを着るといいし、化粧だってしてればそれでよし。
お出かけの時は、自分で満足する服装を選べばいいし、在宅で仕事するときはTシャツにジーンズで大丈夫。
なので、きっと、ファッションにかかわる商売には、関われない。
ショップに入ると店員さんがやってきて、ファッションポイントやコーディネイトを教えてくれる。
私はどうしてもそれに緊張してしまい、買わないで逃げてしまうのだ。
こういった部分も、店員さんって大変と思う大きい理由の一つだ。

ノリノリで跳ねる先生とオレ
夏休みが半分ほど過ぎた頃の夕暮れ時。
「カンけり」で鬼になった少年は、とんでもなくお腹がペコペコだった。
捕らえても捕らえてもカンを蹴られて捕虜が脱走するので、もう本日のカンけりは終わらないんじゃないかとガックリきていた。
へとへとに遊び疲れて家まで戻ると、ドアを開けた瞬間に今日の晩御飯が判明した。
とても美味しそうなカレーの匂いに、少年は幸せな気持ちになった。

無我夢中でお喋りする妹とあられ雲

「嫌われ松の子一生」というテレビ番組が放送されていましたが、欠かさなかった方もいたと思います。
わたしは、連ドラは見なかったけれど、中谷美紀主演でシネマが放送されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さゆえでもありますが、恵まれてるとは言えない立場にいながらも、悲観的にはなりません。
はたからみれば、幸せでないかもしれないけれど希望を捨てません。
幸せをつかむことについて、貪欲なんです。
すごく、好感を感じました。
自分だって幸せになりたいのに、そうなるといけない事のように感じる。
なんていう、訳の分からない状態に陥っていた当時の私は、見ている間、幸せな気分になりました。
それくらい、面白い映画なので、見てみてください。
そして、中谷美紀は、音楽教師でも、中洲のソープ嬢でも、理容師でも、何をしても綺麗でした。

月が見える仏滅の夕方に友人と
友達の恋人であるSさんの会社で、朝食用に和歌山の工場で作った梅干しを買っている。
お酒が入ると電話をくれるSさんが可愛がっている後輩でアルEくんという若者は、ほとんどトークがかみ合ったことがない。
酔ってないときのE君は、わりとあがり症らしくあまりいっぱい返答してくれない。
だから、一回もEくんとじゅうぶんにトークをしたことがない。

月が見える日曜の午前にカクテルを

明日香は、短大に入ってすぐに仲良くなった親友だ。
彼女の良い所は、可愛くて、小さなことは、気にしないところ。
私の方から、仲良くなりたいと言ったそうだが、たしかに、そんな気がする。
一緒に過ごせば、問題はシンプルになるので、とても楽に生きれる。
シャープな印象で華奢なのに、深夜にハンバーガーを注文しに車を走らせたりするらしい。

怒って歌う姉ちゃんとわたし
少年はたいそうお腹が空いていた。
あと数日で夏休みという頃、学校から歩いて帰宅しているときだった。
蝉がもうやかましく鳴いている。
陽の光は強く、夕方とはいえいまだ太陽は低くなかった。
少年は汗をかきつつ一人で歩いていた。
友達と一緒に帰ることも多いが、今日は大変空腹なので、早く家に帰って何かを食べたかった。
少年が食べようと思っているのは、昨日の晩御飯のカレーの残り。
昨夜のカレーは、たしか鍋にだいぶ残っていたはずだ。
ご飯もおそらく、余りが冷蔵庫にあるはず。
少年はカレーの匂いを想像しつつ、早足で家へと向かった。
すると、汗が一段と噴き出してきた。

サイト内カテゴリ

Copyright (c) 2015 悪ガキのハートは砕けない All rights reserved.
▲ページの先頭へ